オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

どんなものが適しているか

シンプルなペット

赤ちゃんを育てるにあたって、赤ちゃんに飲ませる水の安全性は多くのお母さんにとって気がかりな問題です。
ここでは、赤ちゃんに与えるために適した水について説明します。
赤ちゃんに飲ませるうえで最も大切なことは、敏感な赤ちゃんの胃腸を刺激しないことです。
胃腸を刺激する原因は、目に見えない不純物やミネラルバランスです。
水道水は危ないと思うお母さんも多いですが、日本の水質基準は世界最高レベルであり、直接飲用できる世界中でもごく稀な国です。
一度、煮沸消毒をすれば赤ちゃんでも飲むことができます。
しかしながら、浄水場で使用されている殺菌・消毒のための塩素は、水の味を落としてしまいます。
塩素などの不純物を一切含んでいないものが、ピュアウォーターです。
0.0001ミクロンという非常に小さい穴のフィルターを通して、不純物を徹底的に取り除いたものになります。
非常に安全性が高いので、各メーカーが赤ちゃん専用のペットボトルを販売しています。
同じペットボトルであればミネラルウォーターもありますが、これには注意が必要です。
ミネラルウォーターに含まれる成分のマグネシウムなどは、赤ちゃんの胃腸を刺激して、下痢を引き起こす可能性があります。
またミルクを調乳する際に使うと、含まれるミネラル成分が栄養バランスを変えてしまいます。
使用する際は、ミネラル分が微量のものを選ぶことが安全です。
また、ピュアウォーターであっても、それが乳児専用のものでなければ、不純物をろ過した後に添加されている場合もあります。
最近はサーバーを設置して、自宅に定期宅配するウォーターサーバーの人気が高まっていますが、ピュアウォーター+ミネラル添加という商品が多いです。
定期宅配を申し込む場合には、商品の説明書きをよく見ることが大切です。
以上のように、赤ちゃんに飲ませる水は多くのお母さんの関心ごとですが、敏感な胃腸を刺激させないものを選ぶことが大切です。